北海道新幹線 試運転

MENU

試運転が見られる場所は?北海道新幹線の穴場とは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

北海道新幹線にも試験運転があった!

 

JR北海道が来春開業に向けて取り組む、試験運転を是非見てみたい!

 

そんな方も多くいるのではないでしょうか?

 

試運転の北海道新幹線を見るには、夏場がおすすめなんです!!

 

新幹線の運び方

夢を乗せて大地を駆け抜ける新幹線。

 

2016年春に開業する北海道新幹線も日本の誇る電車になるために、走行試験を欠かせません。

 

昨年2014年10月、北海道、函館港に降りたちました。

 

新幹線車両が函館港に陸上げされ、函館総合車両基地に陸送されました。

 

胴体の長い新幹線を陸送するのって実は結構大変ということを知っていますか?

 

基本的に陸路で運搬されますが、その胴体の長さから、トラックのように1人で単純に運ぶわけにはいきません。

 

一車両毎1チームの編成を取り、挑むのですがその運搬には無線連絡を密に行い、そのトレーラーを2台の車で囲み危険回避を促します。

 

胴体の長い新幹線は、交差点を曲がれないと思われがちですが、基本的には国道の様な大きな道を選び運ばれます。

 

交差点も車体の前輪、後輪が共に独立して動かすことが出来るだけでなく、手元のリモコンでも操作できるのです。

 

基本的に車両は、道路の交通量が少ない深夜から朝方にかけて、運ばれるようです。

 

厳しい試験環境

もちろん、北海道新幹線もその例外では無く、同じようにして基地まで運ばれました。

 

港の周りには多数の地元、市民の方々が歓喜の声を上げてH5系の登場を見守っていました。

 

この後、函館港に降り立ったのは新幹線は一度基地に入り、胴体や、北海道の地域にあった微調整など細かい修正なども含め、一度整備された後、やっと実走行試験に入ることが出来るのです。

 

そして、北海道新幹線の最難関、青函トンネル内の走行試験も目が離せません!!

 

約54Kmにも及ぶ青函トンネル内は最高速度が140Kmと定められています。

 

よって、貨物車線も併用する為、最高速度はなかなか出せないのはもちろん、青函トンネルを通る北海道新幹線を見るのは難しそうです。

 

ただ、それも冬の間だけ。

 

寒さの厳しい冬の季節にあえて試験することで、最悪の結果の想定でき、更には解決策も同時に見つけるという百聞は一見にしかず精神で試験に取り組んでいるようです。

 

試験中の新幹線を見たい!

北海道新幹線はJR北海道が管轄、管理しています。

 

ただ青函トンネルを走行する試験は冬場でひとまず、一段落です。

 

夏場は陸路にて速度向上試験が行われるようです!

 

今の段階では、260キロにまでスピードを上げて、運航することに成功しているようなので、このまま行けば、近いうちに最高速度をマークすることができそうですね!!

 

今の期間は、新函館北斗から新青森間にて走行試験を行い、陸路にて目視で確認できるチャンスです!!

 

新幹線好きにはたまらない瞬間を人より早く見たい方は、新青森駅付近か、木古内駅周辺がオススメです。

 

青函トンネル前後でスピードを上げ始めた新幹線を目撃することができるでしょう!!

 

ただ、時間が夜中なので、見難いかもしれませんが。。

 

でもきっと、その風貌を見てしまえば、更に夢が膨らむこと間違いなしですね!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新幹線 格安チケットの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事