北海道新幹線 反対

MENU

反対意見から見えてくる北海道新幹線の今後の行方。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

北海道新幹線の開通には賛成意見だけではありませんでした。

 

やはり反対意見もまだまだ残っていますが、これから開通までに少しづつ改善されていくのでしょうか?

 

反対意見ばかりではありませんが、皆に愛される北海道新幹線に乗る日が近づいています。

 

期待の北海道新幹線

日本の本州と北海道を結ぶ新幹線。

 

2015年度末に開通すると言われている北海道新幹線はよほど便利になると思われがちですが、やはりなかなか賛成意見だけでは無いようです。

 

新幹線は時代に逆行している

この記事を書くにあったって、北海道新幹線が全線開通する予定時期が2035年頃という事が解りましたが、最近騒がれている、中央リニア新幹線の開通が2027年開通予定。

 

そうです。

 

新幹線よりも早いリニアの方が、新幹線よりも早く開業予定を立てているのです。

 

北海道新幹線も中央リニア新幹線も予定はあくまでも未定なので、もちろん時期が前後することは言うまでもありませんが
時代錯誤が同じ日本国内でこんなに顕著に現れるなんて、正直驚きました。

 

また近年度々話題に上る格安飛行機のLCC(ローコストキャリア)格安航空券の需要が更に高まり、恐らく東京発の新幹線を利用して移動するよりも、安く移動できるのではないでしょうか。

 

もちろん飛行機のほうが早く移動できるのはゆうまでもなく、その利便性においては、そんな交通機関よりも最速です。

 

そして最大の問題がもう一つ。

 

青森を発してから北海道に入る北海道新幹線ですが、なんとその路線70%がトンネルになるそうなのです。

 

新幹線からの景色を楽しみにしている方はもちろん、北海道新幹線の路線周辺の方々にとっても新幹線本体がなかなか見えないのは少し不憫でなりません。

 

北海道新幹線に見る個人的な見解

何ごとも物事を起こす時は、例えそれが誰であろうと、どこで何をしようとも必ずと言っていい程、反対意見は出されるものです。

 

ですがこれは、反対意見であり、賛成するための後押しでもあります。

 

人の反対意見には、自分だけでは見えなかった最良の疑問や、改善策までもが隠されているケースも少なくありません。

 

もちろんそれは、ただのクレームだけの場合もありますが、クレームはクレームで開き直って受け止めないといけません。

 

それは同時にそのことでデメリットを被る人もいるという、シビアな現実があるからです。

 

細部まで言い出すとキリがないですが、少しでも多くの方の賛成を得ようとするならば、可能な限り反対意見には耳を貸し、親身になって聞くことが最良でしょう。

 

それだけではなく反対派の意見さえも味方につける気持ちで対応すれば、きっと判って貰えるはずです。

 

簡単には解決できませんし、恐らく新幹線の施工なんかよりももっと期間は長引くかも知れません。

 

しかし、時が解決させる問題もありますし、いざ、開通したら出てくる問題もあるはずです。

 

地域住民を始め、利用者や、会社全員で取り組んで、結果的に良い事業にしたいですね!!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新幹線 格安チケットの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事