現美新幹線 キッズスペース

MENU

現美新幹線にも設けられているキッズスペースは一味違う

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

現美新幹線のカフェと併設されたキッズスペースもアーチストの手によるもので、一風変わったデザインとなっています。

 

キッズスペース、本当に遊んでいいのでしょうか?

 

現美新幹線だけに鑑賞しか許されていなかったりして、ということはありません。

 

あちこちで見かけるキッズスペースですが

男女共同参画かジェンダーがどうしたのか知りませんが、公共の場所にキッズスペースを設けるのが流行っています。

 

キッズスペースを設けることでいくらかの助成金が出るのでしょうか?家族に優しい店というイメージつくりでしょうか?

 

やたらとあちこちでキッズスペースが目につくのです。

 

それほど楽しくなさそうなキッズスペースで遊ぶ子どもと、疲れた表情のお父さん、買い物に夢中のお母さん、、、。

 

ショッピングモールなどでそのような光景を目にするたびに、家族で買い物なんか来なければいいのにと思うのです。

 

子どもを遊ばせるならば、公園なり何なりもっとふさわしい場所があるだろうという。

 

なんだかお仕着せの家族サービス感が強くて見ている方がつらくなります。

 

アートの香するキッズスペース

さて、そんな流行りのキッズスペースですが現美新幹線にも設けられています。

 

広さは客車の約半分、カフェスペースと併設されており、先日行われた試乗会で披露されていました。

 

このキッズスペースの内装もアーティストが手掛けたもので、ショッピングモールにある物とはやはり違います。

 

センスのない原色使いのキッズスペースはいかがなものかと思っていたところ、そこは現美新幹線。

 

青と白の2色使いと規則性がありそうでなさそうな曲線の模様で、現美新幹線ならではのキッズスペース作りに成功。

 

置かれている玩具はプラレール、、、これが上手い具合に内装とマッチしているのです。

 

ひょっとしてプラレールの青から着想を得たのか?と勘繰りたくなってしまうほど。

 

プラレールありきのキッズスペースなのか、それともたまたまプラレールがマッチしたのか?

 

見ている分にはとても面白そうなキッズスペースです。

 

はたして遊んでいいのやら?

しかし、現美新幹線の乗車時間は50分。

 

決して長くない現美新幹線での滞在時間にキッズスペースを利用する暇はあるのでしょうか?

 

また、子どもを遊ばせたら遊ばせたで、何だか汚したら怒られそうな雰囲気、、、でも、子どもは汚すものだしなあ。

 

これはひょっとして、子どもが遊ぶことで完成する芸術という趣旨なのでしょうか?

 

ちょっと前にあった、ギャラリーが参加することをあらかじめ意図したハプニング系のアートのような、、、。

 

また、子どもなんて存在自体がハプニングみたいなもの100%作品は汚れ、キズがつきます。

 

実はこのキッズスペース立ち入り禁止だったりして、キッズスペースと名付けられた、誰も手を触れてはいけない作品。

 

こんな意図だったらより面白いのですが、このキッズスペース、もちろん自由に遊ぶことが可能ですので一応、念のため。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新幹線 格安チケットの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事