現美新幹線 東京駅

MENU

現美新幹線を東京駅を起点に楽しむ方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

東京駅を起点に現美新幹線を楽しもうとすると、上越新幹線を活用するのがオーソドックスな方法です。

 

が、特別な切符を使えば、もっと東京~越後湯沢という、現美新幹線までの道中を楽しめるにちがいありません。

 

東京駅を起点に現美新幹線に乗る方法

東京駅を起点に現美新幹線に登場しようと思うと、何とかして新潟駅か越後湯沢駅までいかなくてはなりません。

 

方法としては上越新幹線を使うのが一番早いのは当然。

 

しかし、東北本線で東京駅から大宮駅まで、高崎線で大宮駅から高崎駅までと乗り継ぎ、上越線で越後湯沢駅まで。

 

こんなルートも時間が許せば味わい深いもの、5時間以上かかる道中も、快速などを活用すれば3時間45分でついてしまいます。

 

在来線だけでいかに早く越後湯沢まで着けるかというルートを考えてみるのも楽しいものです。

 

例えば特別切符を活用すると?

時間が許すならば「青春18きっぷ」なんていう、非常にお得なものも発売されますので、活用してみるのもまた一興。

 

春・夏・冬と学生の長期休暇にあわせて発売になり毎回好評だという、青春18きっぷ。

 

JR線の普通・快速列車の普通車自由席や高速バスなどが、1枚に付き1日乗り放題になるという切符が5枚つづりで販売されます。

 

例年通りなら5枚で1万1,850円、1枚当たり2,370円ですから安い、加えて普通列車ならではの風情も付いてくるのです。

 

普通連射に揺られて、読書にいそしむ、ぼーっとする、ちょっと一杯。

 

ローカル色豊かな地域に住む人々が、乗り降りしている様を眺めていると、何となくノスタルジックな感情にひたってしまいます。

 

また、途中下車も自由となっていますから、あらかじめ地元の人しか知らないようなグルメスポットを訪ねる。

 

こんなテーマを設定しておくと新幹線では絶対に味わえない、旅の醍醐味を楽しむことができるのです。

 

現美新幹線をメインイベントにして、その道中も鉄道三昧、こんな楽しみ方もできるでしょう。

 

現美新幹線、7月からがねらい目です

しかし、現在発売になっている現美新幹線の搭乗券はほとんどがツアー用で抑えられています。

 

残りは指定席ですが、非常に人気が高い上に、座席数も少なくなっていますから入手は困難でしょう。

 

ですから、先ほど述べたような東京駅から気ままな鉄道三昧の旅と、現美新幹線をセットのような楽しみ方ができるのはまだ先。

 

7月運行予定分になると、自由席も増えるといいますから、そのころを狙うしかなさそうです。

 

そして、7月になると先述の青春18きっぷが発売され、利用期間にもなるのです。

 

電車の行程はのんびりと、泊まりはリッチに、現美新幹線を満喫して帰ってくる。

 

東京発だとい2泊3日ぐらいの予定になりますね。

 

すると、5枚つづりのきっぷが1枚あまることになりますが、、、チケットショップに売ってしまえばいいのです。

 

スローな電車と新幹線のコンビネーションも乙な物と思いますが、いかがでしょうか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

新幹線 格安チケットの総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事